「いただきます」食の楽校とは
     
人生100歳時代を生きるために、
「幸せとは」、「生きる上で本当の豊かさとは」
何か、向き合う時間は必要です。
「いただきます」食の楽校は、
食の学びを通し、
幸せの価値観、生活の豊かさを発見する、大人のための楽校です。
学ぶことは、新しい価値観との出会いをくれます。
生きるための基本である食。
誰しもが身近で、毎日の習慣となっている食。
そんな食を学ぶことを通し、
根っこにある価値観と向き合い、新しい価値観と出会う時間、場となればと思います。
楽校で学ぶ人は、地域も、年代も、経験も、様々です。
先生は、食について学び、生活で実践しながら深め、その楽しみを一緒に分かち合いたい気持ちでいっぱいの先生ばかりです。
日常の役割、観念を手放して、
先生と学友と、月に2回、学んでみる。
大切に感じたことは、生活に持ちかえり、楽しんで実践してみる。
実践して気付いたことは、伝えたり、教えたりして、次の誰かの学びにつなぐ。
そして生活に小さな変化を起こして、未来を共創していきましょう。


理念
人生100歳時代に、 地域、年代など様々な大人が、身近な「食」を通して学び合い、自らの価値観を再構築し、コンパッションある未来を共創する。
アドミッションポリシー
ディプロマポリシー